1,000万円台で家造りができる!?ローコスト住宅が人気の理由

1,000万円台で家造りができる!?ローコスト住宅が人気の理由


ローコストでも満足いく家造りは可能

地価がリーズナブルなエリアならば、1,000万円台で家を造るのも夢ではありません。ローコスト住宅と聞くと手抜き物件を連想するかもしれませんが、施工会社の工夫と努力によってかなり費用を抑えられるのです。例えば建材を大量仕入れすることで、建材の単価を抑えられます。ほかにも自社施工を徹底し、中間業者を介さないことで中間マージンの節約ができます。

ローコスト住宅とは、言い換えれば必要な機能だけを備えた住宅です。住宅は多機能になるほど費用が高額になるのです。住宅設備のなかには、なくてもあまり困らない設備があったりします。優先順位の低い設備や機能を除外することで、ローコストでの建設が実現するのです。

ローコスト住宅は資金計画を立てやすい

サラリーマンになれば一生安泰と言われる時代は終わりました。働き盛りの年代でリストラされ、転職で苦労したという人は多いでしょう。転職はしたけど年収が大幅にダウンしたという声も少なくありません。住宅ローンの返済を続けられなくなる主な理由は収入の減少です。返済の遅延が続けば、最終的に住宅を競売にかけたり、任意売却をしたりする必要性が生じてくるでしょう。

ローコスト住宅が注目されている背景には、住宅ローンの利用額を圧縮できることがあります。借入額を抑えることで、早期完済を期待できるのです。ローンは返済期間が長くなるほど、途中で返済に逼迫するリスクが高くなります。1,000万円台の住宅であれば、貯金で一括購入するという手もあります。ローンを組まなければ利息はかからないので、家計にとって大きなプラスになるでしょう。

3000万の家は、設計的な自由度が出てきて自分の希望を叶えることが出来る価格です。家のデザインも拘りをもって設計することが出来ます。